コロナ禍における探偵の調査のススメ【浮気・不倫調査】

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの生活は大きく変化しました。しかし、このような状況下でも、浮気・不倫をする人はいなくなりません。むしろコロナ禍での生活は、浮気・不倫を助長する可能性があるのです。今回は、コロナ禍における浮気・不倫の特徴をご紹介します。

 

■在宅勤務中に「出社日」と偽って不倫

新型コロナの感染拡大以降、感染防止の一環としてテレワーク・在宅勤務が推奨されるようになりました。この在宅勤務が、実は浮気・不倫に利用されていることをご存知でしょうか。

 

一般的に、在宅勤務中でもまったく会社に行かないわけではありません。大抵は、進捗の確認やモチベーション維持のために、週に1回~2回程度は出社しています。これを利用して、「今日は出社日だから」と嘘をついて外出し、日中から浮気・不倫相手と密会する人がいるのです。

 

テレワーク用のデイユースプランを用意するホテルも増えていますから、仕事と偽ってビジネスホテルやシティホテルに入り、浮気・不倫相手を連れ込むケースもあるでしょう。多くの人が外出を自粛するようになったので、浮気・不倫デートをしていても知り合いに見つかりにくいという事情もあります。

 

逆に、家族が留守で自分だけ在宅勤務をしている場合、浮気・不倫相手を自宅に連れ込む人もいるかもしれません。このように、いろいろなケースが考えられるため、十分な注意が必要です。

 

■余暇とストレスの増加が浮気・不倫を招く

現在、感染拡大を防ぐため、多くの企業や店舗が時短営業や休業を余儀なくされています。また、遊びに行きたいのを我慢して、ステイホームに努めている方も多いでしょう。コロナ禍の収束も見通せず、不安は募るばかり。このようにして、余暇とストレスが増加していることも、浮気・不倫を招く一因になっています。

 

暇つぶしとして、軽い気持ちでマッチングアプリを使ってみたところ、すっかりハマってしまって……というケースは珍しくありません。パートナー以外との遊びを、ストレス解消の手段にしている人もいるでしょう。それまで縁のなかった人でも浮気・不倫に走ってしまう可能性があるため、油断は禁物です。

 

■在宅勤務で夫婦仲が悪化することも

在宅勤務が導入されたことで、1日中配偶者と家にいるようになった方も多いと思われます。その結果、夫婦仲がよくなるケースがある一方、残念ながら悪化してしまうケースも少なくありません。「仕事に集中できない」「そっちこそ家事の邪魔だ」と、お互いの存在がストレスになってしまうわけです。

 

夫婦仲が悪化すれば、当然ながら配偶者が不倫に走ってしまうおそれがあります。ただでさえ、新型コロナのおかげでストレスが溜まっている状態です。ストレス解消も兼ねて、一気に深みにはまってしまうかもしれません。在宅勤務中は配偶者との距離感に注意し、関係が悪化し始めたら不倫も警戒しておきましょう。

 

■コロナ禍における浮気・不倫調査は、スマイルエージェント本部へ!

最近になって、ようやくワクチンの接種も本格化しつつありますが、新型コロナウイルスの影響は当分続くと考えられます。つまり、浮気・不倫のリスクも高い状態が続くということです。こんな状況だからこそ、パートナーとの関係は大切にしなければなりません。少しでも怪しい様子があれば、すぐにスマイルエージェント本部にご相談ください。