コロナ禍における探偵の調査のススメ【結婚調査】

新型コロナウイルスの感染拡大以降は、多くのイベントが自粛・延期を余儀なくされました。人生の一大イベントである結婚式もその1つです。それならせめて婚姻届だけでも提出して……という方もいるかもしれませんが、焦ってはいけません。今回は、コロナ禍において結婚する際、探偵の結婚調査をしておいた方がいい理由を解説します。

 

■会う機会が減ったことで愛情にほころびが……

コロナ禍においては、感染防止のために不要不急の外出を減らし、他人との接触をなるべく避けることが推奨されるようになりました。これは、交際相手や婚約者でも例外ではありません。万が一のことを考えると以前のようには会えず、デートの時間や場所も制限せざるをえないという状況に、寂しさを感じている方も多いと思われます。

 

このような状況が続くと、どうしても愛情にほころびが生じるものです。交際相手が浮気をしてしまう可能性も否定できませんし、本当は愛情がなくなってしまっているのに、義務感から交際を続けているケースもあるかもしれません。そのような状態で結婚しても、お互いが不幸になるだけです。結婚前に調査を行い、相手の本音を探るのが望ましいでしょう。

 

■お互いの両親・家族との顔合わせも難しい

結婚前には、双方の両親や家族との顔合わせをし、お互いについての理解を深めることが重要です。しかし、これも新型コロナの感染拡大によって難しくなってしまいました。移動や接触をなるべく控えなければならないのに加え、大人数での会食も自粛を求められているからです。両親が遠方に住んでいる場合は、さらに難易度が高くなるでしょう。

 

こうなると、結婚する当人は「相手の家族が変な人だったりしないかな」と不安になりますし、家族の側も「信頼できる相手なのだろうか?」とやはり不安になります。何より、結婚する2人がお互いのことをよく知る機会を失ってしまいかねません。どの立場であっても、会う機会が少ない人のことをよく知るためには、探偵の調査がおすすめです。

 

■コロナ禍の厳しい世の中では、相手の信頼性がより重要に

新型コロナの感染拡大以降、ストレスの蓄積や在宅勤務の増加などによって、夫婦ゲンカやDVが非常に多くなっています。以前はとても仲がよかった配偶者から暴力を振るわれたり、ひどい言葉を浴びせられたりした方もいるでしょう。DVは女性が被害者になるイメージが強いかもしれませんが、男性が被害を受けるケースも珍しくありません。

 

つまり、コロナ禍での結婚は、本当に信頼できる相手かどうかの見極めがより重要になったのです。人間の本性というものは、ただ交際しているだけではなかなか見えてきません。厳しい状況に置かれると豹変するような人でないことを確かめるためにも、事前にしっかりと調査を行い、結婚相手の素顔を調べておきましょう。

 

■コロナ禍における結婚調査は、スマイルエージェント本部へ!

現在の世の中では、あらゆる物事が新型コロナウイルスの影響を受けています。結婚も、ただするだけなら簡単ですが、幸せになるためには以前よりも多くの点に目を向けなければなりません。結婚相手やその家族に不安がある時は、スマイルエージェント本部に結婚調査をご依頼ください。