コロナ禍における探偵の調査のススメ【見守り調査】

最近は新型コロナウイルスの感染拡大により、とにかく人と会いづらい状況が続いています。離れて暮らすご家族となかなか会えず、心配している方も多いでしょう。そのような時におすすめなのが、探偵の見守り調査です。今回は、コロナ禍における見守り調査の必要性について解説します。

 

■高齢の両親の体調は大丈夫?

コロナ禍において「会えなくて困っている人」の代表といえば、離れて暮らす高齢の両親ではないでしょうか。高齢者は、新型コロナに感染した場合の重症化・死亡リスクが高くなります。そのため、若い世代以上に他人との接触を避けなければなりません。他県に住んでいる場合はもちろん、たとえ近くに住んでいても、親と会うのを遠慮している方は多いと思われます。

 

このような場合に問題になるのが、親の異変に気づきにくくなることです。重い病気や認知症などの兆候が現れていても、直接会えなければ察知できないかもしれません。そうこうしているうちに進行し、気づいた時には重症化という事態も考えられます。コロナ禍では、ただでさえ心身の負担が大きくなっていますから、不安な時は見守り調査をしてみましょう。

 

■若者・学生もつらい思いをしている

コロナ禍では、若者も大きな困難に直面しています。特に学生の場合、大学が休校になったりオンライン授業になったりするなど、学びの環境が大きく変化してしまいました。その上、アルバイト先が休業してお金も稼げず、経済的に困っている学生も多いのです。社会人でも、仕事を失ってしまった人は少なくありません。

 

こうなると、ストレスや経済的な苦しさから生活が荒れ、最悪自殺してしまうおそれもあります。あるいは、特殊詐欺の出し子・受け子など、違法なアルバイトに手を出してしまう人もいるかもしれません。電話では問題なさそうな様子だったとしても、念のために見守り調査を行うのがおすすめです。

 

■陽性者・濃厚接触者が差別されていることも

新型コロナの感染拡大以降に大きな問題になっているのが、陽性者や濃厚接触者に対する差別です。国や自治体も差別をしないよう呼びかけていますが、心ない扱いを受けている陽性者・濃厚接触者は少なくありません。近隣住民からの嫌がらせに耐えかねて、引っ越しを選択したケースもあるほどです。

 

もし、離れて暮らすご家族や友人が陽性者・濃厚接触者になってしまった時は、その後の様子に十分注意する必要があります。もしかすると、新型コロナの症状以上に、周囲からの差別に苦しんでいるかもしれません。探偵の見守り調査を活用して様子を調べ、状況によっては嫌がらせの証拠集めなども行いましょう。

 

■コロナ禍における見守り調査は、スマイルエージェント本部へ!

コロナ禍における私たちは、離れて暮らす家族や友人の様子が心配になる一方、接触や移動をなるべく避けなければならないというジレンマに悩まされています。直接会わずに様子を確かめたい時は、探偵の見守り調査が何よりも有効です。まずはスマイルエージェント本部までお気軽にご相談ください。