【テンダラー・浜本広晃氏不倫騒動】不倫をされても穏便に解決することは可能です!

芸能人の不倫騒動は、しばしばお茶の間を賑わせています。この手の騒動は離婚に発展するのはもちろん、長期間にわたって炎上し続けるケースも少なくありません。しかし中には、適切な対応によって穏便に解決できたケースもあるのです。今回はお笑いコンビ「テンダラー」の浜本広晃さんの不倫騒動を参考に、冷静な対応の重要性を解説します。

【参考】

・朝ドラ「カムカム」出演のテンダラー浜本広晃が不倫報道を謝罪「妻からは叱られました」

・テンダラー浜本広晃の不倫が〝許された〟関西の特殊事情 アンジャ渡部との違い

・テンダラー浜本がMBS番組を休演 不倫より「疑陽性」期間中の外出を問題視

 

■お笑いコンビ「テンダラー」の浜本広晃氏に文春砲がヒット

3月3日発売の週刊文春が、お笑いコンビ「テンダラー」の浜本広晃さんの不倫騒動をスクープしました。不倫相手はヨガインストラクターの女性で、昨年から交際しており、恋人つなぎで女性の自宅マンションに向かう様子が捉えられたそうです。浜本さんが放送中の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」に、ちょい役ながら出演していたこともあって話題になりました。

 

また、浜本さんの行動にはもう1つの問題があります。それは、よりによって新型コロナウイルスに感染中に不倫をしていたこと。浜本さんは212日に簡易PCR検査で疑陽性となり、18日に陽性が判明したのですが、その間の15日に不倫相手と会っていたのです。10日に発症しているため、本来なら20日までは自宅療養しているべきでした。

 

浜本さんは報道の内容を認めており、奥さんや報道陣にも謝罪。奥さんからは「しっかり反省をしてこれもネタにする覚悟で漫才を頑張りなさい」と叱られたそうです。離婚に至らなかったのは不幸中の幸いで、不倫相手ともすでに別れたそうですが、不倫相手は新型コロナをうつされなかったのでしょうか……。

 

■妻の寛大な心と適切なマスコミ対応により解決へ

浜本さんは今回の騒動の結果、一部のテレビ番組への出演を見合わせることになりました。しかし、今のところレギュラーを降ろされるほどの事態にはなっておらず、舞台への出演などの仕事は継続しています。これは奥さんが一般人であることや、当事者間で一応の解決を見ていること、マスコミに対し丁寧に謝罪・説明したことなどが関係しているのでしょう。

 

不倫騒動と聞くと、何かと「離婚!」「慰謝料!」という言葉が飛び交いがちです。しかし実際には、夫婦で話し合って穏便に解決し、関係修復に向かうことができたケースもたくさんあります。浜本さんの場合も、奥さんの寛大な心と適切なマスコミ対応により、最小限のダメージで済んだのです。炎上もそれほど長くは続かないと予想されます。

 

そして、よく考えてみてください。今回週刊文春の記者が押さえた場面は、私たち探偵が入手を目指す不倫の証拠とまったく同じです。もし奥さんが浜本さんの不倫の兆候に気づき、探偵に不倫調査を依頼していたら、マスコミに知られることもなくより穏便に解決できていたでしょう。結局、迅速な対応と冷静な話し合いこそが、不倫問題解決への1番の近道なのです。

 

■不倫・浮気調査は、スマイルエージェント本部にお任せ!

不倫・浮気は、決して芸能人だけの問題ではありません。一般人でも不倫・浮気をする人は大勢いて、対応を誤ったがために泥沼化するケースもたくさんあります。特に「離婚したくない」「関係を修復したい」という場合は、早い段階で兆候に気づいて対応することが重要です。お困りの際は、スマイルエージェント本部までお気軽にご相談ください。