【愛知県岡崎市の探偵の不倫・浮気調査】お店のお金に手をつけ不倫相手に貢ぐ夫

皆様、こんばんは。

全国調査対応の探偵事務所「総合探偵社スマイルエージェント本部」の調査員Tです。

いつも当探偵ブログをお読みいただきありがとうございます。

 

今回は、夫婦で経営するお店の売上金を夫が横領していることが発覚し、さらに調査を行ったところ不倫が判明した事例をご紹介いたします。

※ご依頼者様には、氏名などの個人が特定される情報を公表しないことを条件として、記事にすることをご了承いただいております。

 

■夫がお店のお金を横領! しかし……

依頼者:愛知県岡崎市 50代 自営業 Tさん

 

Tさんは、ご夫婦で30年ほど飲食店を経営しています。お店の売上は「人並みの生活には困らないレベル」で、地域の人たちにも愛されるお店になっていましたが、最近少しおかしなことが起きていました。レジのログを見ると、妙に返品が多いのです。入力をミスしたから一度返品して打ち直したのではなく、単純に返品されています。

 

まさかと思ったTさんは、旦那さんのレジ打ちをこっそり確認。すると、旦那さんが明らかに不要な返品処理を行い、レジのお金を懐に入れているではありませんか。そう、旦那さんはお店のお金を横領していたのです。もちろんTさんは激怒し、旦那さんを問い詰めました。旦那さんは素直に横領を認め、謝罪してきたのですが……

 

■売上金横領の動機は、ギャンブルではなく不倫?

「盗んだお金はギャンブルで使ってしまったというんですよ。もっともらしい理由ですけど、何か変だなぁと思って……」

 

Tさんのお話では、旦那さんは昔から賭け事に興味がなく、飲み歩いたり高級品を買い漁ったりする趣味もないとのこと。その倹約的な姿勢のおかげもあって、お店の安定経営ができていたのです。そんな旦那さんがギャンブルのために売上金を横領するというのは、どうにも腑に落ちません。

 

とはいえ、旦那さんが少なくないお金を盗んでいたのは事実です。Tさんは考えた末、「もしかして女か?」と旦那さんの不倫を疑い始めました。人が変わってしまうきっかけといえば、やはり異性関係。長年の人生経験から、Tさんはそのように推測したのです。我々は真相を探るため、旦那さんの調査を開始しました。

 

■横領したお金は、不倫相手のために使われていた!

お店の営業時間は、旦那さんもTさんと一緒にお店に出ています。仕込み作業などもあるので、営業日に不倫相手と密会するのは難しいそうです。となると、怪しいのはやはり定休日でしょう。また、営業日でも夫婦交代で週1回ずつ休みを取っているとのこと。この日はTさんに行動を把握されるリスクが極めて低いので、不倫をするなら絶好の機会です。

 

相談の結果、この2つの日に絞って調査を行うことにしました。すると予想通り、これらの日に旦那さんが不倫相手と密会していることが判明。また、不倫相手は同じ区内にある飲食店の店員であることもわかりました。

 

この結果に、Tさんが二度目の雷を落としたのは言うまでもありません。旦那さん曰く、不倫相手へのプレゼント代・食事代・ホテル代などのためにお金が必要になり、お店の売上金に手を付けてしまったのだとか……。嘘をついたことも含めてあまりにも悪質なので、しっかりとお灸を据えておくべきでしょう。

 

■愛知県岡崎市の不倫・浮気調査は、スマイルエージェント本部にお任せ!

家のお金に手を付けるというのは、それ自体が許されないことです。しかも、動機が趣味やギャンブルならまだしも不倫なのであれば、二重に配偶者を裏切っていることになります。放っておくと大変なことになる可能性が高いので、早急な対策が必要です。配偶者の怪しい動きに気付いた時は、スマイルエージェント本部までお気軽にご相談ください。

おすすめの記事